#カツ丼 #ランチ #ラーメン #和食 #老舗
SEARCH

新潟最北の駅から徒歩1分「お食事処 なおき」で銘柄豚を味わうチャーシュー麺

新潟の厳選ラーメン特集

2022.04.21

  • facebook
  • twitter
  • LINE

山形との県境に位置する府屋で、銘柄豚を使った絶品チャーシュー麺とカツ丼を見つけました!休日のぶらり旅の候補の一つに是非おすすめしたいお店です。

新潟最北の駅から徒歩1分

JR府屋駅から徒歩1分、旧山北町中心部にお店を構えて58年という「お食事処 なおき」さん。
地元の食材を使った料理を楽しめるとあって、地域の皆さんをはじめ観光客にも人気の食堂です。
なんとも言えない懐かしい感じが、とても安心できて心地よい店内です。

ブランド豚を味わう「チャーシュー麺」

こちらのおすすめは、あっさり醤油スープの中でチャーシューの肉の旨味がしっかり味わえる「チャーシュー麺」(880円)です。
チャーシューに使っているのは、お隣の山形県庄内エリアで生産されている銘柄豚「庄内豚」のバラ肉。「庄内豚」は肉のキメが細かく、豚肉独特の臭みが無いのが特徴。チャーシューを口の中に入れると、甘い肉汁がジュワーーーっと溢れ出します!
スープにはチャーシューの煮汁などを駆使した醤油タレと鶏ガラに、野菜の旨味がたっぷり。キラキラ輝く豚の脂の甘みがスープにコクを出しています。
中細の縮れ麺がスープと良く馴染み、チャーシューの濃い旨味をしっかりと受け止めてくれます。これはみんなが安心する美味しさの一杯!

チャーシューを巻いて食べる、というのもまた美味しい食べ方としておすすめですよ。

庄内豚をご飯と楽しむ「カツ丼」

美味しいブランド豚をご飯で楽しむ方も多いんだそう。「カツ丼(みそ汁付)」(880円)は分厚くカットされたロースをサックサクに揚げて、特製の醤油タレをたっぷり絡ませてあります。
上品な甘辛さのタレと、「庄内豚」の甘い脂身が絶妙なコントラスト。

さらに、タレが浸み込んだ柔らかい玉ねぎとカツの相性が抜群。そこへ、半熟の卵とじが良い仕事をしています。

地元・山北産のコシヒカリとともにアッツアツを頬張ってほしい!

ラーメンもカツ丼も食べたい方は「セット」でどうぞ

ラーメンもカツ丼も食べたい!という時もありますよね。そんな時は「カツ丼ミニラーメンセット」(1,200円)はいかがでしょう。

セットにすると、ラーメンのチャーシューが1枚になりますが、旨味が詰まっていますので満足度は高め!さらに、カツ丼で庄内豚をガッツリお召し上がりください。
ブランド豚「庄内豚」の旨味を味わいに、県境まで電車でぶらり旅っていうのもおすすめですよ。休日のお出かけの候補の一つにぜひ。

お店の情報

■お店の名前
お食事処 なおき

■住所
村上市府屋60-3

■電話番号
0254-77-2074

■営業日時
(休)木曜


※各種情報は取材時のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認下さい。

025は毎日情報配信中!

「ゼロニィゴ」は、新潟で人気のグルメ・イベント情報をお届けする、TeNYテレビ新潟のおでかけメディアです。
ランチ、デート、女子会、お買い物情報などを毎日更新!
ブックマークかホーム画面に追加して新潟のトレンドをチェック!

☟記事配信のお知らせはSNSでも
Twitter:https://twitter.com/025teny
Instagram:https://www.instagram.com/zeroniigo/
31 件
〈 1 / 1 〉