#つけ麺 #マーボ麺 #ランチ #新潟市江南区 #老舗
SEARCH

つけめんにする?マーボ麺?行列の絶えない人気店「ラーメン工房まるしん」

新潟の厳選ラーメン特集

2022.03.16

  • facebook
  • twitter
  • LINE

【ラーメン工房 まるしん】創業35年。地域に愛されているまるしんさん。創業時からある「つけめん」と、お客さんの7割が注文するという「マーボ麺」。人気のラーメンをご紹介します。

行列の絶えないラーメンの名店

新潟市江南区にある「ラーメン工房まるしん」さん。行列の絶えないお店で有名ですよね。
江南区の自慢は?と聞かれた小学生が「まるしんがあること!」と答えたというくらい、地域に愛されているお店です。

新潟のつけ麺の草分け的存在!「まるしんさんのつけめん」

35年前の創業時からある「つけめん・ごまだれ(1.5玉)」(910円)
「まるしんさんのつけめん」は、新潟のつけ麺の草分け的存在とも言われている、まさにレジェンドなラーメンなんです。
つけだれは、やわらかな酸味のある醤油だれ。具材は細切りのチャーシューにメンマ、わかめ、長ネギ、そしてたっぷりのもやしと具沢山!
そこへごまだれと煮干しや鰹節などでとった出汁を注ぎ、完成です。
新潟の草分け的つけめん。いかがですか?さっぱりとしたつけだれが、つるっとした細麺にまとわり、やわらかな酸味であっさりといただけます。

「まるしんさんといえば…」のマーボ麺!

「まるしんさんといえば…」の「マーボ麺」(900円)。
いまやお客さんの7割が注文するという人気のラーメン。実はつけめんよりわずかですが歴史は浅いんです。
辛さ控えめで甘めの麻婆は小さなお子さんからお年寄りまで幅広く食べられるような味付けになっています。麻婆豆腐は味噌味が多いなか、まるしんさんはラーメンに合うようにと醤油味です。

具材もひき肉ときくらげ、そして豆腐とシンプル。
並んでも食べたい!と思わせる、県民ソウルフード、マーボ麺。後味にくる山椒のさわやかさと、甘めの麻婆がマッチし、最後の最後まで飲み干していくお客さんも多いとか。
とろみが強い麻婆は、ストレートの細麺にもたっぷりと絡みつきます。
「開店当初、麻婆そのものがあまり知られていなかったため、マーボ麺よりつけめんの注文の方が若干多かったです。今はおかげさまでマーボ麺の注文の方が多いですね。」と、取締役の小田さん。

今では7割くらいのお客さんがマーボ麺を注文するそうですよ。
まるしんさんは昼営業のみです。お間違えないようにお出かけくださいね。

お店の情報

■お店の名前
ラーメン工房まるしん

■住所
新潟市江南区早通5-1-2

■電話番号
025-381-8649

■営業日時
11:00-14:00

(休)月曜日

※各種情報は取材時のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認下さい。
★「ゼロニィゴ」毎日更新中!★
新潟で人気のグルメ・イベント情報をお届けするTeNYテレビ新潟のおでかけメディアです。
ランチ、デート、女子会、お買い物情報などを毎日更新!
ブックマークかホーム画面に追加すると、簡単に新潟のトレンドをチェックできますよ!

☟記事配信のお知らせはSNSでも
Twitter:https://twitter.com/025teny
Instagram:https://www.instagram.com/zeroniigo/
28 件
〈 1 / 1 〉