#オーディション #コラム #俳優 #役者 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

自由に



しかし・・


演出家から
次に放たれた言葉は

“意外なモノ”だった。



演出家
セリフを与えるといっても、こちらから決まったセリフをみなさんに与えるわけではありません



え?


演出家
その役のキャラクターで、その場に立って、自然と出た言葉を”セリフ”として採用します



みなの顔色が
だんだん曇り始める。


つまり、セリフは

遺族たち自身が考える

ということである。


演出家
という訳で、遺族の登場シーンから稽古をスタートします。好きなタイミングで、何か言いたい言葉が出てきたら、自由に言ってみてください




自由に・・

とは言っても・・


いくらリアルを追求する芝居だといっても
台本上では決められたセリフの掛け合いがある。


会話の最中に身勝手に
セリフを差し込んでしまったら、


その間の会話は
成立しなくなる可能性が高い・・



それこそ、
「リアル」ではなくなり


ただの「段取りお芝居」
となってしまう恐れがある・・!





「(これは、さすがに難しすぎないか・・・?)」




演出家
では、遺族登場のシーンからスタートします、みなさん準備してください




そう促され、僕ら“遺族たち”は、
不安を隠せないまま、登場の位置に準備した。

25 件
〈 2 / 7 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。