#ランチ #新店
SEARCH

【1月27日オープン】笹川流れの藻塩とアサリ節が滋味深い塩ラーメンを三条市「飯麺処ほむら」で

新潟の厳選ラーメン特集

2022.05.23

  • facebook
  • twitter
  • LINE

三条市の国道8号沿いにオープンした「飯麺処(はんめんどころ)ほむら」さん。看板は見た目も美しい塩ラーメン。コクのあるチャーハンも人気です。一緒に楽しんでみては?

三条市・国道8号沿いに1月オープン

三条市の果樹園が広がるエリアを走る国道8号沿いに、ことし1月27日にオープンした「飯麺処(はんめんどころ)ほむら」さん。
新潟市の有名ラーメン店で修業を積んだご主人がオープンさせたお店です。
朝7時から営業しているんですよ。
看板のラーメンは、メニューを見れば一目瞭然。
塩らーめんを筆頭に、赤い文字で「塩」の文字が・・・!

自分の店を持つときは塩ラーメン、という思いで修業を積んできたご主人。塩味の一杯に取り組んでいるんです。

笹川流れの塩とあさり節の滋味深い一杯

様々な食材から出る脂がキラキラと輝くスープです。

「塩らーめん」(700円)

笹川流れの藻塩など、こだわりの塩をはじめ、あさり節の出汁に生のしじみエキスを加えるなど、数多の工夫が施された特製の塩ダレが味を構成しています。

見た目の美しさにも心を配り、チャーシューやメンマに加え、水菜の緑とネギの白が飾られています。
主役のチャーシューは、酒かすが隠し味として使われる醤油ダレで煮込まれています。
あさりやしじみの魚介の優しい香りが誘ってくるスープ。いくつもの素材のうま味が複雑に交差して味を高めあっています。
細いストレートの麺は、スープをさらっとまとってのど越しがよく、後からもちっとした食感。

選び抜かれた素材が共演する、うま味の深さにも注目ですよ。

絶品塩味の一杯のお供は炒飯

2枚看板のチャーハンです。

チャーシューのコクに玉ねぎが甘さを、最高級の日本酒などで香り付けがされた深い味わい。かすかにしっとり感を残したパラパラのチャーハンです。
おいしさの秘密は、最高級の背脂の上澄みとネギ油を使い、強力な炎を操ること・・

半チャーハンですが、大きめのお茶碗一杯分ほどの量で、かなり満足度は高いですよ。
「塩らーめん半炒飯セット」(950円)
コクのあるチャーハンとあっさりなのに旨みが強い塩味のラーメンの食べ合わせはバツグン。交互に食べたり、ラーメンを楽しんだ後の余韻のままチャーハンを食べるなど思い思いに楽しむお客さんの姿が見られます。

シンプルで飽きのこない料理には熟練の技が詰まっています。

お店の情報

■お店の名前
飯麺処ほむら

■住所
三条市大島535

■定休日
不定休

※各種情報は取材時のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認下さい。

025は毎日情報配信中!

「ゼロニィゴ」は、新潟で人気のグルメ・イベント情報をお届けする、TeNYテレビ新潟のおでかけメディアです。
ランチ、デート、女子会、お買い物情報などを毎日更新!
ブックマークかホーム画面に追加して新潟のトレンドをチェック!

☟記事配信のお知らせはSNSでも
Twitter:https://twitter.com/025teny
Instagram:https://www.instagram.com/zeroniigo/
29 件
〈 1 / 1 〉