#オーディション #コラム #ワークショップ #俳優 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

怖い・・・



僕は、わけが分からないまま
スタジオの中央に歩みを進めた。


演出家
では、これが本当に最後の審査になります。




もう、何が何だかわからない。

なぜ僕がここまで残っているのか。



演出家
最後の審査は10人一斉にスタートです。
みなさんは今、自宅の部屋でホラー映画を見ています。よーい、はい。




気持ちの整理がつかぬことなど
一切無視するかのように



最後の審査は
瞬く間にスタートした。



僕は、指示されるがまま
ホラー映画を見ている演技に移ろうとした。


しかし・・


「こんな状態で演技なんて無理だ・・」



冷静になんてなれるはずがなかった。


訳が分からない。


何故、自分がここまで残っているのだ?


他にも優れた人はたくさんいたはずだ。



「柔軟体操」で高評価を得た人。


「調べてきたこと」の発表で高評価を得た人


即興の「演技審査」で高評価を得た人。


そんな人たちを差し置いて


“何もできなかった”僕が

何故“最後の審査”に残っているのだ・・?


怖い・・・

どうして・・?

どうして・・・?


その疑問だけが、
頭の中を巡り続ける。


演技になんて・・


一切集中できなかった。


28 件
〈 2 / 7 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。