#オーディション #コラム #俳優 #劇団 #役者 #新潟 #新発田市 #演技
SEARCH

よし、掴みはOKだ。


審査員の1人は
簡単にオーディションの内容を説明した。


まずは、自己紹介。
そして、”歌唱審査”、”ダンス審査”の順に・・


1人ずつ、一気に一通りの
審査を行うというモノだった。



カサハラ
「(よし、これは都合が良い)」



僕はグッと、拳を握った。


そして早速
オーディションはスタート。


長テーブルの向かって
”左から”審査が行われることとなり・・


僕の順番は”ラスト”となった。


1番目の先輩(女性)が、自己紹介
そして、ダンス・歌唱を行っていく。


そして、間を開けずに・・


2番目の先輩(男性)も
同じ流れで、審査が行われていき・・


あっと言う間に
ラストの”僕の番”がやってきた。


審査員
じゃあ、最後に君。自己紹介をお願いします


カサハラ
「はい!カサハラケント、23歳、新潟県の新発田市出身です。~~~」



と言う感じで
簡潔に自己紹介を済ませると・・


審査員
はい、じゃあ、歌唱審査を行いますので、音源をこちらにお願いします


カサハラ
「えーっと・・」


審査員
どうしました?


カサハラ
「音源は・・ありません!」


審査員
え?


カサハラ
「アカペラで歌います!」


審査員
アカペラで!?


カサハラ
「はい!そして、踊りながら歌います!」


審査員
踊りながら!?


カサハラ
「はい!歌唱とダンスの両方を一緒にやります!」


審査員
ほ、ほう・・まぁ、いいでしょう・・では、披露する楽曲は何ですか?


カサハラ
「披露するのは、僕の地元の民謡・・”干拓音頭”です!」


審査員
干拓音頭!?


カサハラ
「その昔、僕の地元の旧紫雲寺町は、大雨が降るたびに大洪水に見舞われ・・」


審査員
いや、説明はいいから!










よし、掴みはOKだ。


つづく・・・

P.S.

いやぁ~干拓音頭。それは、地元の旧紫雲寺に昔から続く民謡で、小学校の時には両手に黄色いポンポンをつけながら運動会で踊る恒例行事というもので・・・干拓音頭だけは、僕が今でも踊ることが出来る、唯一のダンスなのです。笑


次回!!

審査員の掴みに成功したカサハラ青年は、その勢いのまま、干拓音頭を踊りながら、歌も歌うというスタイルで、歌唱・ダンスの両審査を切り抜けようと試みる。しかしこの時、・・自分でも一瞬気が付かないような”とんでもない失態”を犯してしまう・・果たして、無事、オーディションに合格できたのか・・・!?

お楽しみに~!

あ、すみません!
諸事情により、来週はお休みをいただきます💦
次回は【12月14日(木)】となりますm(_ _)m


カサハラケント

X(旧Twitter)
Instagram
18 件
〈 5 / 5 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。