#パスタ #喫茶店 #洋食 #老舗
SEARCH

燕市にある純喫茶ロンドンでいただくのは喫茶店グルメの王道ナポリタンとタマゴサンド!

グルメ

2021.11.24

  • facebook
  • twitter
  • LINE

【純喫茶 ロンドン】喫茶店グルメの定番、ナポリタンの香ばしさ漂う店内。1960年代当時の雰囲気をそのままに、現在も変わらず営業している純喫茶に行ってきました。

54年前、日本がどのような状況だったのか気になりませんか?

王道ナポリタンが味わえる素敵な純喫茶があると聞きつけ、やってきたのは燕市のサンロード商店街にあります、「純喫茶ロンドン」さん。創業は、なんとカラーテレビの本放送が開始された昭和42年!54年前の1967年です、皆さん生まれていますか~。
扉から大人の色気が漏れ出ています...!さあ、この扉の向こうに広がる昭和の世界へタイムスリップ!
店内はお店が操業開始された昭和当時のままなんだそうです。いかがですか?これが昭和の純喫茶です!!ご年配の人には懐かしさを感じてもらえているのではないでしょうか。一方、若い方には逆に新しく見えるかもしれませんね♪ 革張りの椅子も当時のまま。革は年を重ねるといい味が出ますよね。
まだまだ現役の古いゲーム機は100円を入れるとしっかり遊べます。テーブルとして利用されるお客様もいらっしゃるみたいです。贅沢な使い方です...!
お店を切り盛りされている店主の吉田さんとその奥様にお話を伺いました。昔はすごく活気があり、店内も賑やかだったとのことです。当時はまだコーヒーが珍しく、興味を持った若い方がたくさん集まってきました。

純喫茶の王道メニュー登場っ!

こちらが昔も今も人気の「ナポリタン」(680円)。粉チーズとタバスコの容器がビジュアルとしてもナポリタンを引き立てるセットのように見えます。具材はいたってシンプル。マッシュルームに玉ねぎ、ハム、ソーセージ。そしてグリンピース。ここはパスタを豪快にフォークに巻きつけていただきましょう!

「昭和42年の開店した時と、なるべく同じ味に作ってます」そう語る店主のナポリタンを是非皆様にも一度味わってもらいたいです。店内に流れる昭和歌謡を聞きながら、文庫本を片手にナポリタンを一口。そんな光景が浮かびませんか?
さらに、看板メニューであるナポリタンと双璧をなす人気メニューが、こちらの「タマゴサンド」(600円)!!こちらも創業から変わらないメニューです。ロンドンさんのタマゴサンドは薄めのしっかり焼いた卵焼きが挟んであるんです。昔ながらですね~。

味付けはパンに塗ったマーガリンのみですが、喫茶で食べると格別に美味しいんです。昔ながらの味と雰囲気を求めて来店する若い方も多いそうですよ。
食後のデザートは、この「特製プリンアラモード」(750円)で決まりですっ!最近では入手困難な昭和時代に作られた器がとてもキュートです。そしてキウイやメロン、リンゴなどのフルーツと、昔ながらのプリンにアイスクリームなど盛りだくさん。

写真を撮っていかれるお客さんが多いとのこと、実物を見ると納得の特大デザートです♪ プリンは少し硬めの懐かしいお味です。

オススメの写真スポット♪

おすすめ写真スポットをご紹介♪ ロンドンさん入り口からまっすぐ進み、2つ目のブロックを右に曲がったこちらの席はいかがでしょうか?ムーディな雰囲気もあり、デートにもピッタリです。
せっかくなので、昭和当時の雰囲気をさらに味わうため、ゲーム機の上に100円玉を積み上げてみました。昔は100円玉を積み上げた人たちが喫茶店でずっとゲームをしていたそうです。懐かしいと思った人、そして新鮮に感じた人も、時が止まったような空間でゆったりしてみてはいかがでしょうか?

お店の情報

■お店の名前
純喫茶 ロンドン

■住所
〒959-1288
新潟県燕市燕4436

■電話番号
0256-62-3615

■営業日時
11:30~24:00

■紹介したメニュー
「ナポリタン」(680円)
「タマゴサンド」(600円)
「特製プリンアラモード」(750円)

※各種情報は取材時のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認下さい。
31 件
〈 1 / 1 〉

RELATED