#まちの拠点 #上古町の百年長屋SAN #古町 #商店街 #新潟市 #複合施設 #踊り場
SEARCH

【03】今の古町が好き|まちで踊ろう。by上古町の百年長屋SAN

上古町 SAN

2022.05.18

  • facebook
  • twitter
  • LINE

上古町商店街にある「上古町の百年長屋SAN」。 ここは、新潟土産「浮き星」を楽しめる喫茶、ポップアップや展示・企画を行う「文化商店 踊り場」、フラワーショップ「candy by kandy」、新潟食材研究所「ティオペペ」、デザイン事務所「hickory03travelers」といったさまざまな要素が混ざり合いながら、まちにそよそよと新しい風を取り込んでいる複合施設です。 この連載では、SANや商店街で起こること、私たちが日常のなかで感じることをお届けしたいと思います。

新人、大分からきました。

初めまして。
SANでスタッフをしている、モリです。

今週は私がコラムを担当させていただきます!

私は大学を卒業して、新卒で今年の4月からSANにいます。「hickory03travelers」のメンバーとして、SANで働いていて、喫茶のスタッフをしたり、SAN周りのデザインをしたり、館長や副館長と一緒にSANの運営をしています。

実は私の出身は大分県。高校まで地元大分で過ごし、大学は愛知の大学に進学しました。
そしてこの春から新潟にやってきました。
誰も知らない土地に一人できましたが、周囲の人のおかげでとても楽しく過ごしています。

初めてみた日本海の夕日

よく聞かれるのが『なんで新潟にきたの?』ということ。
それには実は【浮き星】が関係しているんです。

私は大学の時、デザインを学んでいました。デザインにも様々な分野がある中で、自分が地方出身だったこともあり、地域のためのデザインに興味を持つようになりました。
ある授業で、「hickory03travelers」が手がけた浮き星が紹介されます。
【浮き星】とはご存知の方もいらっしゃると思うのですが、ゆか里という名前だった新潟の伝統菓子にお湯に入れると星が浮かんでくるような様子から【浮き星】というニックネームをつけ、かわいいパッケージにすることでより多くの人に知ってもらうことができた新潟土産です。

そんな【浮き星】が生まれた経緯や、「hickory03travelers」が商店街の中にお店を持っていることなどに興味を持ちました。

SANにはたくさんの浮き星が揃っています

今の上古町が好き

私が初めて新潟に来たのは、インターンで訪れた2021年7月。古町については名前しか知りませんでした。

インターンで過ごした期間は2週間と短かったですが、私はすぐにこの町が大好きになりました。
昔から続いている喫茶店や時計屋さんなどがありつつ、新しい雑貨屋や古着屋さんなどもあり、通りを歩きながらいつもワクワクした気持ちにさせてくれました。

それまで私は、デザインの仕事はパソコンに向かいずっと座って作業をしているイメージでした。
しかしここでは、商店街の中に事務所や店舗があるので、そんなことはなく、すごく空気が明るく風通しが良いのです。
ちょっと用事があって事務所を移動するときに街の人と挨拶を交わしたり、わからないことがあって近くのお店の人に直接聞きにいったり、お互いのお店を利用しあったり…。
とにかくデザインの仕事と街との距離が近いことに驚きました。
また、同じ職場の方がすごく楽しそうに仕事をしているのも印象的でした。
それはきっとこのいい空気が流れる町で毎日過ごしているからなんだろうな〜と思っています。

祭りの日の上古町

実際にこの場所を訪れたことで上古町の良さを知り、ここで自分も働きたいと思い、新潟へ来ることに決めました。

地元の方と話しているとよく言われるのが『昔の古町はもっとすごかったんだよ』ということ。
正直昔の古町のことを知らないので全くピンと来ません。
昔と比べてどうとかはわからないですが、私は”今”の上古町を好きになりました。

色んなお店があるから、様々な年代の人がいるし、外からも来てくださるし、自由でのびのびしている空気の町を私はすごく気に入っています。

SANにいることで繋がる広がり

最近信濃川沿いをよくサイクリングします

SANにいると、お店に来てくれた方とばったり街で会うことがよくあります。
道でたまたま話しかけてくれた人が常連さんだったり、以前お店でPOPUPしてくれた方と買い物中に偶然会ったり。

知らない土地に一人で来て、最初は少し不安でしたが、その心配もすぐになくなりました。
SANにいることで、この場所を通じていろんな人との繋がりが広がっていってる気がします。
新潟に来て1ヶ月半。最初はわからないことだらけでしたが、今は色んな人に教えてもらって行ってみたいところがたくさんあるし、また会いたい方がたくさんいます。

自分だけでなく、様々な人にとって、そんな場所にSANがなってほしいな〜と思っています。

そんな空間をこれからたくさんの方と一緒に作っていきたいです。

モリ
■上古町の百年長屋SAN
場所:新潟市中央区古町通3−653
電話:025-378-0593
定休日:火曜日
営業時間:10:00 - 18:00

詳しくは、SAN公式情報をご覧ください。
https://san-kamifuru.jp/
https://www.instagram.com/furumachi_san/
025は毎日情報更新中!
「ゼロニィゴ」は、新潟で人気のグルメ・イベント情報をお届けする、TeNYテレビ新潟のおでかけメディアです。
ランチ、デート、女子会、お買い物情報などを毎日更新!
ブックマークかホーム画面に追加して新潟のトレンドをチェック!

☟記事配信のお知らせはSNSでも
Twitter:https://twitter.com/025teny
Instagram:https://www.instagram.com/zeroniigo/
15 件
〈 1 / 1 〉
上古町の百年長屋SAN
上古町商店街にある「上古町の百年長屋SAN」。ここは、新潟土産「浮き星」を楽しめる喫茶、ポップアップや展示・企画を行う「文化商店 踊り場」、フラワーショップ「candy by kandy」、新潟食材研究所「ティオペペ」、デザイン事務所「hickory03travelers」といったさまざまな要素が混ざり合いながら、まちにそよそよと新しい風を取り込んでいる複合施設です。