#オーディション #コラム #ワークショップ #俳優 #新潟 #新発田市 #舞台
SEARCH

物静かなものだった



僕は失意の中、

ストレッチレディの手本に合わせて
同じヨガポーズをとってゆく。


いくら朝湯船に浸かった後に
柔軟体操をしてきたからと言って

すぐに体が柔らかくなるわけではない。


前日同様、
身体をプルプル震わせながらもなんとか

ストレッチレディのポーズに似せようと
歯を食いしばりながらついていった。



「身体の固い人は帰っていいよ」


前日同様、
演出家の冷酷な言葉がスタジオ中に響く。



それは
“僕にだけ向けている”様にさえ感じた。




そして、
柔軟体操が終わると予想通り


前日と同じく
「調べてきたこと」の発表となった。



演出家
何か調べてきた人いる?




「はい!」

「はい!!」

「はい!!!」



みなが一斉に手を挙げる。


そう。


しっかりと準備してきたのは

“僕だけ”ではないのだ。


演出家に当てられて次々と参加者たちは
「調べてきたこと」を発表してゆく。


4人目の発表が
終わったところで


演出家
じゃあ、今日はここまでにします。



と、この日の発表は終了した。




当てられた4人はアピールに成功し
充実の表情をしている。


当てられなかった他のメンバーはみな
恨めしそうにそれを見つめていた。


そんな中・・


僕は「手を挙げる」
ことすら出来なかった。




みなが発表で盛り上がる中

僕だけはじっとスタジオの端っこで
体育座りを続けるしかなかった。


その姿は、

「パーティーヤンガー」の
装いからは想像もつかないほど


物静かなものだった。

「捉え方」次第なのだ




「もうこの状況から
逆転できる目はないかもしれない・・」




次からの審査の流れも
だいたい予想がつく。


初日、「調べたこと」の
次に用意されていた審査は


「お風呂に入る」演技だった。


そう。

あの百戦錬磨の2人が脱落した
恐怖の演技審査”だ。



そうなると、

おそらく次は
「お風呂に入る演技」

もしくは、

何かしらの「演技審査」となるはずだ。


そうなってしまうと、
僕は更に“不利な状況”に立つことになる。


他の参加者もみな
僕と同じように

“初日の反省”を生かして
2日目の審査に臨んでいる。


そうなれば・・



次に控えているのが昨日のような
「恐怖の演技審査」と予想できるだけでも、

かなり有利となる。


そして僕以外の参加者はみな
「舞台」や「ミュージカル」など

幾多の場数を踏んできた者ばかり

そんな猛者たちと「演技審査」という
同じ土俵に上がってしまったら・・


経験や力量の差で、
僕がみんなを上回ることは不可能だ




「もう勝てないでしょ・・」



そんなネガティブな想像だけが
僕の頭の中に膨らんでゆく。




「では、次の審査に移ります。」



演出家が口を開いた。



演出家
次は・・・みなさんに




記憶力ゲーム”をしてもらいます。










・・・え?


まさかの展開に、
会場中がざわついた。




昨日とは、
“違う”流れなのだ。




演出家
ちなみに失敗した人は脱落になるので、
みなさん集中してくださいね。








人生とは、
思い通りにいかないことばかりである。


その大半は
「悪い方向」に
曲がってしまうだろう。


ただ、稀に


それが思うもよらぬ
「良い方向」
曲がっていくこともある。



その違いは何か。



それは、

きっと「捉え方」次第なのだ。





「これは、面白くなってきやがったぜ・・」




予想外の状況に、
みなが頭を抱えている中・・・




僕のもとに

“逆転の目”
ポツリと姿を現したのだ。





つづく・・


P.S.

着替えのズボンを忘れてしまった状況の中、あの「トランプ」がリュックの中から出てきたときの虚しさと言うものは、半端なかったです(涙)。あれだけ、窮地を救ってもらった「トランプ」へも、その時は意味の分からない憎しみをいだいてしまい、今思い返すと、トランプに対して申し訳なかったという気持ちになります(笑)


次回!!

「恐怖の演技審査」が来ると予想していた参加者はみな頭を抱え、さらに「失敗したら脱落ね」という演出家の一言に、押し寄せるプレッシャーは極限に達する。しかし、そんな中、カサハラ青年だけは、ポツリと現れた”逆転の目”に心を躍らせ、ここで勝負を決めて見せる!と息巻く。しかし、そんな思いとは裏腹に事態は紆余曲折していき、2日目の審査終了後、カサハラ青年は「生死を賭けた」とんでもない行動を取ったのだった・・・

お楽しみに~!


カサハラケント

Twitter
Instagram


21 件
〈 4 / 4 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。