#オーディション #コラム #俳優 #役者 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

新しい刺激


すると・・


演出家
では、一旦休憩します。では、10分後に“1回目の通し稽古”を行いますので、みなさん準備してください。



全員
「はい!」




演出家の“気になるシーン”の稽古も終わり、
それぞれが“通し稽古”に向けて準備をし始める。


演出家もいつも通り
スタジオの外に向かって・・

階段を上り始めようとしていた。



その時だった。




演出家
う~ん



演出家がスタジオの方を振り返った。

みながそれに気が付き、
演出家の方に目を向ける。



(な、なんだろう・・・)



演出家の表情は
どこか煮え切らない様子だった。



(なんだか・・・嫌な予感がするのは、僕だけかな・・)



すると・・



演出家
うーん、やはりこの時期になると、お芝居が退屈になってくるね



全員
「え?」



演出家
よし、ここで、新しい刺激を加えましょう




全員
「あ、新しい刺激・・・?」




な、なんやて!?
ここまで作り上げてきた作品に新しい刺激だと・・!?




みな一様に不安と驚きの表情で、
演出家を見つめ続けている。





演出家
そうだなぁ、どうしようかなぁ?



全員
・・・ゴクリ




演出家
そうだ、オーディション組の”遺族たち”のみなさん




オーディション組
「は、はい・・」




演出家
君たちに・・・












セリフを与えましょう







遺族たち
「・・・・え!?」





つづく・・・

P.S.

本当にあの演出家は、油断も隙もありません。笑
ある程度、稽古のスケジュールが固定されてきてやり易さと安心感がわいていてところで、「セリフを与えよう」なんて・・笑  とても嬉しいことですけど、本当にあの時は驚かされました・・汗


次回・・!

急遽演出家から「セリフを与えよう」と言われたオーディション組の4人。他のメンバーは喜んでいたが、僕としては、本役で初めての”セリフ”。ということは、本番の舞台でも、僕がセリフを放つ瞬間に、観客の視線が一瞬だけでも、カサハラのもとへ集まる瞬間が訪れることとなるのだ・・・「ダメだ、想像しただけでも足が震える・・」果たして、カサハラ青年はこの最大のミッションを乗り越えることが出来るのか!?

お楽しみに~!!


カカサハラケント

Twitter
Instagram
22 件
〈 6 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。