#オーディション #コラム #俳優 #役者 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

ヒノウエさんがやってきた



演出家の合図で、
再び稽古はスタートした。


メインの遺族3人に連れられて、
僕ら”遺族たち”5人は、扉から入る。


カサハラ
(よし、完全ヤンキーさんのアドバイスを参考にやってみよう・・)



僕は、なるべく
舞台面に立たないように・・


そして


メインのキャストのお芝居を
邪魔しないように意識しながら・・



自分の作り上げてきた
”神谷椎太郎”を演じてみた。


2度目ということもあり
少し冷静に周りを見ることができたので


”神谷椎太郎”のヤバイやつ感も
意識的に出せるように心掛けた。



そして・・・


またあっという間に
遺族たちの登場シーンの場面は終了。


カサハラ
(よし、1回目よりは個人的にも上手くできた感じがしたぞ・・・)



が・・


うーん、1回目の方が良かったですね。じゃあ、10分間休憩します


そう言うと


演出家はヒノウエさんに
何か一言耳打ちをして・・


階段を上り
スタジオの外へ消えていった。


カサハラ
「え!?・・2回目の方が個人的には良かった気がしたのに、どうしてだろう・・?」



完全ヤンキー
うーん、舞台上での動き方的には問題なかったかもしれへんけど・・なんとなく、演出家の言いたいことも分かるような気がするな~



カサハラ
「え?どういうことですか?」




すると、ヒノウエさんが
オーディション組の元へやってきた。


ヒノウエさん
オーディション組のミナサン、少しお時間イイデスカ?



27 件
〈 5 / 7 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。