#PR #コラム #ボードゲーム #ボードゲームカフェ #俳優 #新潟 #新発田市 #株式会社ウィザップ
SEARCH

4品目「ラブレター」



気が付けば、

ボードゲームカフェ「クアスタ」

の営業時間も、あと15分。



やべぇ!もっといろんなボードゲームを
プレイしたかったけど時間がない!!




という訳で、最後のボードゲームは
“軽量級”の中から選ぶことに・・



とは言っても、今日プレイした


・「カタンの開拓者たち」
・「UNO」
・「スコットランドヤード」



の3つをやってみて

=======

☆ 「もう一回やりたい」と思わせる

☆ “中・重量級”より“軽量級”で気軽に遊べる

☆ 地域性を活かしたい

=======


という部分が、オリジナルゲームの制作には
とても重要だという方向性が見えてきたので・・


そのあたりを
考えて吟味して・・・



最後のゲームは

「ラブレター」に決定!





ラブレターとは・・・




ある国のお姫様に
「ラブレター」を届けるために・・・


プレイヤーは宮殿にいる
様々な役職の人を頼りながら
奔走するという・・・


ちょっとロマンティックな
ストーリーのカードゲーム。


この「ラブレター」の良さは
とにかくルールがシンプルなところ。



たった16枚のカードだけを使い、
プレイ時間も1ゲーム数分と言う非常にお手軽なもの


とは言っても、
サクッと手軽に遊べるだけではなく・・・


相手との駆け引きや、運、スリルも楽しめる
ボードゲームの良さがつまりに詰まった
名作カードゲーム!!



という訳で・・・


いざプレイ!!









3人
「これ、めっちゃ面白いね!!」




「でしょ!」




3人は、とても楽しんでくれた。



「もう一回やろう!」



と、すぐさま2回目のゲームをスタートすると・・・

そこから4人は「ラブレター」に熱中し



店長さんから

「間もなく閉店です・・」


と声をかけてもらえるまで


時間の許す限り
「ラブレター」で遊びつくした。



ゲームの方向性




「クアスタ」の閉店後、

陽子さんを含め僕らは4人は
新潟駅まで歩きながら・・

今後の
オリジナルボードゲーム制作の話を進めた。



今回遊んだ4つのゲームから

参考にできる点
注意する点などを確認しあい




次回は、「ラブレター」に似通った



短時間で手軽に、
誰でも気軽に遊べる“軽量級ゲーム”をメインに




再度、集まって

ボードゲームをプレイしながら
イメージを固めていこうとなった。





そう、少しずつではあるが・・



株式会社ウィザップ&カサハラケントのコラボ企画
“オリジナルボードゲーム制作”





は、不気味なほど・・・・



着々と進んでいるのである。







次回に、つづく・・・





カサハラケント

Twitter
Instagram


32 件
〈 5 / 5 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。