#オーディション #コラム #俳優 #役者 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

そのセリフを”採用”


10分間の休憩後・・


演出家
では、再開します



演出家の合図で、
再び”遺族登場のシーン”が行われた。


”自由にセリフを話していいよ”


と言われてから、
2回目と言うこともあり・・


完全ヤンキーをはじめ、
”遺族たち”メンバーは


お芝居の最中に時折
「自由にセリフ」を
差し込むよう心掛けていた。



それは


うまく台本の流れに沿うモノだったり

中には

流れを切ってしまい
ぎこちなくなってしまうモノだったりと・・



みな失敗を恐れずに
とにかくセリフを差し込んでいった。


しかし・・


僕は、結局2回目も
”セリフを話すこと“が出来なかった。




演出家
うん、いいですね



僕を除く遺族たちは
演出家からの言葉に少し安堵した。


演出家
挑戦することはとても良いことです。しかし、台本の流れを分かって差し込んでいるセリフが多いですね、そんな気遣いは必要ありません。もっと、遺族たちの存在意義、自然に生まれてくる感情に素直に従ってください



遺族たち
「は、はい・・・」



言っていることが
分かるようで分からない、そんな感覚だった。


演出家
あと、ヒノウエ



ヒノウエさん
ハ、ハイ・・!



演出家
途中で、流れを切るようなセリフを差し込んだな。どうしてだ?



ヒノウエ
ハイ、その時、ふと感じたことを、ソノママ言葉として出してしまいました・・



演出家
なるほど。よし、じゃあ、ヒノウエは、そのセリフを”採用”しよう



ヒノウエ
ア、アリガトウゴザイマス!



演出家
あと、“遺族たち”以外のみなさんも、注意してください。普段の生活では、会話の途中に急に流れが切られるようなことも、自然にありえます。台本の流ればかり追っていたら、それに対応することは難しくなります。台本の流れには最低限沿いながら、ちゃんとその場に存在し、”普段の生活”のように対応してください。



その演出家の言葉を聞いて
容疑者8人や、メインの遺族3人も

改めて、
求められているモノの難しさを

実感した様子だった。


演出家
ヒノウエ以外の遺族たちは、まだ採用するセリフは決まっていません。10分後に再び今のシーンを行います。楽しみにしています



そういうと、
演出家はスタジオの外へ消えていった。
25 件
〈 4 / 7 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。