#コラム #ワークショップ #俳優 #役者 #新潟 #新発田市 #稽古 #舞台
SEARCH

腑に落ちない状態


演出家
はい、ここまで。では、10分後に刑事シーンから再開します



そう言うと、演出家はいつものように
スタジオの外へ続く階段を上っていった。


カサハラ
「(あぁ・・また全然ダメだった・・・)」



この日2回目の、
冒頭から刑事登場のシーンまでの稽古が終了。



僕は、グッタリと壁に寄り掛かりながら、水を飲んだ。


容疑者役は、とても体力の使う役である。


冒頭から刑事登場までの
およそ20分ほどのシーンのだけでも・・


僕はヘロヘロになった。


カサハラ
「(容疑者役の8人は、ほぼ舞台上に出ずっぱだから・・2時間近くもこの熱量と緊張感を持ち続けなければならないのか・・・みんな凄すぎる・・)」



僕はと言えば・・・

先と同じように”代役”とは言え、

セリフのタイミングは逃すわ

セリフを噛み倒すわ


の、オンパレード。


まさに滅茶苦茶の代名詞。

もはや、独壇場


”1回目”の終わりに、

例えば誰かと会話している時に、『テンポがずっと一定』だったり、一切『言い間違え』や、『言葉を噛んだりしない』なんて、普段の生活ではありえないことですよね?


”上手く表現しなくてはならない”なんて考えは捨ててください。その空間に”自然に存在”することを意識せずに、意識してください。


と、演出家が言っていたけれど・・・

やっぱりどこか納得がいかないというか・・

自分的には”腑に落ちない”状態が続いていた。



完全ヤンキー
お疲れさん~どないしたんや?



完全ヤンキーがやってきた。


カサハラ
「うーん・・演出家はああ言ってましたけど・・・やっぱり僕としては、セリフのタイミングを逃したり、噛んでしまうことを正当化できないというか・・自分の実力のなさに甘えてしまうのは違うような気がしていて・・」



完全ヤンキー
う~ん、なるほどな~。まぁ、そこは難しいところやけど、そこが演技の面白いところでもあるからな~



カサハラ
「・・・面白いところ?」



完全ヤンキー
まぁ、うまく説明はできへんけどな~



そういって、完全ヤンキーは笑った。


カサハラ
「やっぱり奥が深いんですね・・演技って」



完全ヤンキー
せやで。あ、そや、ヒノウエさんに挨拶しに行こか?



カサハラ
「え?」



完全ヤンキー
これから同じ”遺族役”としてこの作品を作り上げていく仲間や。コミュニケーションとることは大切やで~



カサハラ
「確かに、そうですね・・行きましょう!」



僕らは、稽古再開までのわずかな時間を使って、
演出席の横で台本を読み込んでいるヒノウエさんに、挨拶に行くことにした。
22 件
〈 2 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。