#コラム #俳優 #役者 #新潟 #新発田市 #演技 #稽古 #舞台
SEARCH

メリット



前日の稽古は
人数が少なかったこともあり


僕ら遺族たちも
代役として稽古に参加していたが・・


この日は本役の方が
ほぼほぼ揃っているので・・



僕ら”遺族たち“は
稽古をほぼ見学するだけで



過ごすこととなった。


さらに、


今日はダブルキャスト両方の
稽古を進めていく為・・


稽古に進行スピードも
前日に比べてはるかにゆっくりだった。



カサハラ
(このペースで進むと、遺族たちのシーンはかなり後になりそうだな・・・)




演出家
では、一旦休憩にします。10分後に再開します。




そう言うと、
演出家は毎度のこと


スタジオの外へ出ていった。




ケント~


完全ヤンキーが
僕の方へやってきた。



完全ヤンキー
今日は出番がなくて退屈やな~



カサハラ
「そうですね・・でも、昨日はずっと代役で終始緊張しっぱなしだったんで・・今日はそのプレッシャーがなくてちょっと気持ちが楽ですね」



完全ヤンキー
まぁ、確かに昨日はなかなかハードやったからな~



カサハラ
「あ、そうだ・・・」



完全ヤンキー
ん?なんや?



カサハラ
「なんで、今回“ダブルキャスト”なんですかね?」



完全ヤンキー
ん?どういうことや?



カサハラ
「いや・・全員シングルキャストの方が、いろいろ都合が良いような気がしていて・・」



完全ヤンキー
都合が良い?



カサハラ
「今日の稽古を見てて思ったんですけど、ダブルキャストだと、稽古も全然進まないし・・なんか効率が悪いって言うか・・



完全ヤンキー
ん~、まぁ確かに、ダブルキャストやと、進行が遅くなる難点はあるかもしれへんなぁ~



カサハラ
「それに・・主演の2.5次元俳優さんを含めて、何人かシングルキャストの人もいるじゃないですか?」



完全ヤンキー
せやな、シングルキャストの人も、何人かおるな



カサハラ
「そのシングルキャストの人たちが、“ダブルキャストの役者に合わせる”感じで、立ち位置とか、動き方とかをそれぞれ変えなきゃならないじゃないですか?なんか、見てて大変そうだな~って思って・・」



完全ヤンキー
まぁ、そりゃ、同じ役でも違う役者が演じれば、立ち位置も動き方もそれなりに変化してくるもんやからな~



カサハラ
「ただでさえ、この過酷な稽古なのに・・・シングルキャスト人の負担が半端ないなって。シングルキャストだけにした方が、いろいろとやり易いと思うんですけど・・ダブルキャストにするメリットって何があるんですかね?」




完全ヤンキー
いやいや!そこがダブルキャストのメリットやろ~!



カサハラ
「・・・え?どういうことですか?」



22 件
〈 5 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。