#コラム #ワークショップ #俳優 #役者 #新潟 #新発田市 #稽古 #舞台
SEARCH

そんな人間は、存在シマセンヨ



ヒノウエさん
では、順番に共有していきましょう。まず、あなたから



そう言うと、
ヒノウエさんは遺族A役の女性を差した。


すると遺族Aさん(女性)は
メモ帳を取り出し・・


遺族Aさん
私は、年齢的にも被害者の親戚役がバランス良いと思ったので、”従妹の上原マサミ”という役を考えてきました。マサミは現在、東京都在住の会社員で、被害者とは小さい頃から・・・



つらつらと
”遺族A”のバックボーンを話していった。


それは、

遺族Aさん自身のキャラクターと大きく相違はなく、
見た目的にも違和感を持たれないような絶妙な設定だった。


カサハラ
「(たった一晩でここまでの設定を考えているなんて・・・凄すぎる・・)」



遺族Aさん
現時点では、こんな感じです。私も、他の遺族役のみなさんと関係性を深めたかったので、ちょうど良かったです



ヒノウエさん
アリガトウゴザイマス。では、次はあなた



ヒノウエさんは間髪入れず、
遺族B役のもう一人の女性を差した。


遺族Bさん
はい、私も被害者の親戚として考えていて・・・・



遺族Bさんも遺族Aさんと同じように
メモしていた役の設定を淡々と説明してゆく。


遺族Aさん
じゃあ私たちは、姉妹って設定にした方が自然かもしれませんね


遺族Bさん
そうですね、じゃあ私は姉の”アケミ”、遺族Aさんは妹の”マサミ”ということにしましょう



カサハラ
「(す、凄い・・・遺族役のバックボーンが繋がってゆく・・・)」



それぞれに与えられた”遺族たち”という配役に、
“命が宿る瞬間”を僕は目の当たりにした感覚だった。



ヒノウエさん
姉妹の関係性、イイデスネ。では、次は完全ヤンキーさん



そう言って、
今度は完全ヤンキーを差した。


完全ヤンキー
俺は、結構離れた親戚って言う設定を考えてたかな~。もちろん被害者とは面識があるし、話したこともあったりするけど、そこまで深い関係性がなくて、今回被害者を殺した”犯人”が誰なのか発覚するってことで、そっちに興味が湧いて、ここに来たって感じかな~



カサハラ
「(な、なるほど・・・なんか、その設定もすごく深いな・・・確にそういう人物が”
遺族たち”の中に紛れていたっておかしくない訳だし・・・その発想力は、さすが完全ヤンキーだ・・)」



ヒノウエさん
ナルホド、それは面白い設定デスネ。では、カサハラさん



そして、
ヒノウエさんが僕を差した。



カサハラ
「(ヤバイ・・・)えーっと・・・」



ヒノウエさん
ドウシマシタ?



僕はいつものように、
上手くこの負の状況を回避しようと頭を回転させたが・・


カサハラ
すみません、バックボーン何も考えていませんでした・・



何も思いつくことができなかった。


ヒノウエさん
え?何も考えてこなかったんデスカ?



カサハラ
「す、すみません・・・」



ヒノウエさん
ソウデスカ。まぁ、カサハラさんが今回初めての舞台出演と言うことは、先ほど演出家から聞いていましたから、何をして良いのか分からないのは、仕方ないコトではアリマス。でも・・・



カサハラ
「でも・・・?」



ヒノウエさん
カサハラさん。アナタ、シッカリ台本を読み込んできましたか



カサハラ
「・・・・え?」



ヒノウエさん
被害者の名前はナンデスカ?



ヒノウエさんから
唐突な質問を浴びせられた。


カサハラ
「え、えーっと・・・」



ヒノウエさんから
被害者の家族である”3人の遺族役”の名前はナンデスカ?



矢継ぎ早に、
次の質問が投げつけられる。


カサハラ
「あ、あー・・」



ヒノウエさん
カサハラさん。アナタ、被害者の”遺族”役を演じるんですよね?その”遺族”が、被害者の名前も、その被害者の家族の名前も分からないまま、舞台に立つのですか?



カサハラ
「そ、それは・・・」



ヒノウエさん
カサハラさん。そんな人間は、この世に、存在シマセンヨ



22 件
〈 5 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。