#お芝居 #コラム #俳優 #劇場 #役者 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

驚きを隠せなかった



舞台監督
はい、ありがとうございます!では、ステージ上のみなさんは何か危険な部分とかはありましたか?



続いて舞台監督は
容疑者役8人に確認を取った。


「(今見た限りだと、特に誰も怪我をしている様子もないし・・場当たり中も異変があるようには感じられなかったから大丈夫だと思うけど・・・)」


”場当たり”とは、
いわゆる確認作業



実際にステージ上でお芝居をしながら
何か不具合点や危険な場所などがないか

チェック”することが目的である。


ここで優先されるのは
”確認作業”であるため、


場当たりでは特に
“お芝居のクオリティ”が求められることはないのだが・・



「(場当たり中に、あれだけ”本気”でお芝居をしてしまったら、暗闇の中で不具合点とかを確認する余裕なんてあったのかな・・?)」


と不安と思ってしまった。


が・・・


すみません、ここに”ちっこう(蓄光テープ)”貼ってもらって良いですか?

椅子とテーブルのこの位置にも”ちっこう”お願いします

このセット、客席側に少し近すぎるので、もう少し後ろに下げた方が良いかもしれません


と、容疑者役の8人は
どんどん舞台上の危険箇所を指摘し始めた。


「(な、なんてことだ・・あの熱量を保ちながら、みんなしっかりと”確認作業”をしていたのか!?)」


僕はその様子に驚きを隠せなかった。


舞台監督
了解です!今からその箇所を修正していきます!



そういうと舞台監督はステージに上がり
指摘された危険箇所を役者陣と確認しながら

ひとつずつ処理していった。
22 件
〈 3 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。