#コラム #俳優 #新潟 #新発田市
SEARCH

これが「役者」という職業なのだ



それは・・



台本がなかったから



である。


台本がなかったからこそ



“自分自身”を演じることで
その場は上手くやり過ごすことができたのだ。



しかし、

舞台には・・・


台本がある


そして


その作品の世界観が
成立するためのには・・


それぞれの「性格」や
「癖」「特徴」がある。



その台本に描かれている「役」の
人間になりきることができなければ・・・


その台本の世界に「嘘」が生じてしまう。


そして、

その「嘘」に対して周りの役が
無理やり合わせることは出来ない。



“辻褄”が
合わなくなるからだ



たった一つの綻びが、
作品の世界観を壊してしまう。


役者というものは
その一挙手一投足すべてに


「真実」を持たせなければならない。


これが・・・




「役者」という職業なのだ



22 件
〈 2 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。