#オーディション #コラム #ワークショップ #俳優 #新潟 #新発田市 #舞台
SEARCH


「え?これをやるの?!」


周りのみんなはざわつき始める。


それはストレッチというよりも、
もはやヨガのポーズ。



演出家
はい、みなさんも同じポーズをしてくださいね



ざわざわざわ・・


みなざわつきながらも、
それぞれストレッチレディと同じポーズを取ろうとする。


参加者の中には


体が柔らかく、
難なく同じポーズを出来る人もいれば・・

身体がガチガチに固く、
まったくそれができない人もいる。


僕は当然、後者だ。



演出家
体が固い人多いね。真剣に演技に取り組みたい人なら普段から柔軟体操をして、
どんな役を与えられても上手く体を使える状態にしておくのが当然ですよね。体固い人は今すぐ帰っていいよ。



ざわざわざわ・・


さらにざわつく会場。


僕の「不合格確定」の演出は
どんどんと増えていく。



その後もストレッチレディは
いくつもポーズを変えていき、

みんな必死にそれに食らいつく。


僕は、「気持ち」は折られながらも、
とりあえず「体だけ」は食らいついていった。

ストレッチレディのポテンシャル


開始からおよそ30分後、
ひとしきりストレッチが終わると

僕は汗だくになっていた。


「き、きつすぎる・・
あらゆる筋という筋が切れてしまいそうだ・・」



演出家
準備体操はこれで終わりね。
じゃあ、次のワークに入ります。




これがまだ「準備体操」という。
次は何をやらされるのか・・


僕は恐怖と痛みで
身体がプルプル震え続ける。


演出家
じゃあ、早速、何か調べてきた人は話してごらん。誰でもいいから



突然のことに、みんなポカンとした。


「え?そんなこと、事前に伝えられてたっけ?」


ざわざわざわ・・


またみなざわつき始める。


先ほどまで、
体の柔らかさで得意げにしていた人たちも・・

目が泳ぎ始める。



「何か調べてきたことある人って・・
急にそんなこと言われたって、無理じゃない!?」




スタジオに沈黙が続いていると・・


演出家
じゃあ、手本で、しゃべってみて



というと、先ほどのストレッチレディが
「はい!」とみんなの前に立ち・・


「調べてきたこと」を話し始めた。









「このストレッチレディ・・
体の柔らかさだけでなく、しゃべりも流暢だ・・」



演出家だけではない。
このストレッチレディも只者ではない。


これは急に演出家に振られたのか!?
事前に「手本をやれ」と指示されていたのか!?


いや、だとしても・・
これほどまでに理路整然と、

そして、みんながのめり込むような
トークテーマに話し方。

その凄まじいポテンシャルに、
僕は開いた口がふさがらなかった。


ストレッチレディ
「以上になります。」



パチ・・パチ・・パチ、パチ、パチパチパチパチ!


スタジオ中に
自然と拍手が巻き起こった。


「凄い、凄すぎるやん!ストレッチレディ!」



演出家
「なぜ、調べてきたものを話してもらうのか、分かりますか?」




え?全く分からない・・


演出家
「役者は、作品の中で自分以外の“別の誰かの人生”を演じることになります。
そのためには、普段からも自分の知らない”新しい知識”を身につける癖が必要になります。」



な、なるほど・・・


演出家
「本当に演技を真剣にとりくみたいのなら普段から当然、
“調べること”をみなさんもやっていますよね?」




みんなは、
開いた口がふさがらなかった・・



22 件
〈 4 / 5 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。