#コラム #俳優 #新潟 #新発田市
SEARCH

落とし込めた感覚


演出家
では、稽古を再開します




演出家が戻ってきた。


再び稽古場には
ピリッとした緊張感が走る。


演出家
次は、“刑事のシーン”の続きからいきます。容疑者役は、所定の位置についてください。



そう告げられると、それぞれ再開に向けて準備する。



10分間の休憩中に、僕なりにも、
代役の「キャラクター」というものを少しだけ固めてみた。



カサハラ
「(きっとこれが、この”代役”の正解ではないけれど・・・)」



それでも、



自分のやろうとしていることは
間違っていない、そう思いながら・・・





演出家
では始めます。・・・・・パァン!





合図と同時に、
稽古がスタートした。












演出家
「パァン!はい、一旦ストップします。では、10分間休憩です」



そう言うと、
演出家はスタジオの外へ続く階段を上ってゆく。



台本10ページの、
時間にしておよそ15分間の稽古。


あっという間のものだった。


休憩中の僅かな時間で台本を読み込んだからといって、
やはり、すぐに演技に影響がという訳ではなかった。



セリフのタイミングを逃してしまったり、
噛んでしまったり、ぐちゃぐちゃになってしまうのは・・



先の稽古となんら変化はなかった。


しかし、それでも・・・


それまで感じていた
違和感というものが


少し薄くなった気がした。



・・・少しは、役を落とし込めた感覚になったんじゃナイデスカ?


ヒノウエさんがこちらにやってきて
小声でそう言った。


カサハラ
「・・・そうですね・・これが”落とし込めた”という感覚かは分からないですが、先ほどまで感じていた違和感のようなものが少しは無くなった気がします・・」



ヒノウエさん
それは、とても大切なことデスネ。先ほどは少し厳しい言い方をしてしまいましたが、カサハラさんの中で少しでも良い変化があったのなら、ちゃんと伝えて良かったデス。



カサハラ
「いえ!ぜんぜん厳しくなんてなかったです・・!むしろ、ああやってしっかり教えていただいて・・・本当に感謝です!」



ヒノウエさん
それはヨカッタです。まだ、オーディション組のみなさんも今日が稽古初日とのコトですし、本番に向けてドンドン“遺族たち”を固めてイキマショウネ






ヒノウエさんは、
ニコニコしながらそう言ってくれた。


すると・・・



ズシン、ズシン



演出家が階段から
下りてくる足音が聞こえてきた。



その瞬間


ヒノウエさんの表情からは
一瞬にして笑顔が消え去り・・




サッと演出家席の横に戻り、
台本を開いて読み始めた。


僕はその様子を
ポカンとしながら眺めていた。


演出家
では、稽古を再開します。


22 件
〈 5 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。