#お芝居 #オーディション #コラム #俳優 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

目の前の相手を見れへん状態


完全ヤンキー
まぁ、単純なことやけどな~



カサハラ
「はい・・・」



完全ヤンキー
コミュニケーション”やな



カサハラ
「コミュニケーション・・・」



完全ヤンキー
やっぱりな~、一つの作品を大勢で作っていく中で、コミュニケーションってのは、ホンマに大切なもんなんや~



カサハラ
「・・・はい」



完全ヤンキー
そしてな、コミュニケーションは作品づくりだけやなくて、芝居でも、ホンマに重要なキーになるんやで



カサハラ
「重要なキー?」



完全ヤンキー
そや。ケントは今な、神谷椎太郎ってキャラクターを模索するために、自分の中の奥深くまで潜り続けてる、そんな感じやろ?



カサハラ
「確かに、その通りです・・神谷椎太郎として”そこに立つ”ことができるように、ずっと考えて、考えて、ずっと悩み続けてる感じです・・



完全ヤンキー
それは、“役作り”においては重要なことや。でもな、芝居っちゅうもんは、”相手がいて成り立つ”もんや



カサハラ
「相手がいて・・?」



完全ヤンキー
せや。一人芝居やったら話は別やけど、基本的に芝居も“相手との会話”、つまり”コミュニケーション”のもとに成り立つもんなんやで



カサハラ
「なるほど・・」



完全ヤンキー
まぁ、確かに台本ありきのセリフやと、セリフを掛け合うだけで形式上の”会話”自体は成立するかもしれへんけど、やっぱりその会話の中に”コミュニケーション”が存在するかどうかで、その役者同士も、見てる人も、スッと受け入れられるものになるかどうかが変わってくるねん~



カサハラ
「スッと受け入れられる、ですか?」



完全ヤンキー
たまに見かけへんか?ドラマや映画で、『なんかこのシーンぎこちないなぁ~』みたいな場面



カサハラ
「確かに・・たまに見かけることはありますね・・」



完全ヤンキー
それはな、もちろん役者の力量ってもんもあるんやけど、結局一番の原因は”自分のやりたい演技”だけをする役者がおるからやねん~



カサハラ
「自分のやりたい演技?」



完全ヤンキー
まぁ、悪気はないと思うねんで。しっかり台本読みこんで、準備して、作品の世界観をイメージして、自分で作り上げて~・・・。でもな、結局演技は“相手がいて成立”するもんや。相手とのコミュニケーションが取れてへんから、一人よがりな、ぎこちない芝居になってしまうんや。そうなったら芝居する相手も可哀そうなもんやで~



カサハラ
「なるほど・・」



完全ヤンキー
今ケントはな、どっちかというと神谷椎太郎のキャラクターを深く掘り下げようとし過ぎてて、目の前の相手を見れへん状態になってるんや~



カサハラ
「うっ・・・そう言われれば・・・」



完全ヤンキー
せやからな。まずは相手を見る、その空間を見る。そしたらな、ポロっと、自然なセリフも出てくるかもしれへんな~



カサハラ
「・・なるほど!・・・ありがとうございます!!」



完全ヤンキー
ええでええで~。ケント、俺と飯、食いに来てよかったやろ?



カサハラ
「・・・は、はい(笑)」



完全ヤンキー
やから、こういうコミュニケーションも大事なんやで~

22 件
〈 5 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。