#お芝居 #オーディション #コラム #俳優 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

精神的にクルものがあるぞ・・



では、今日の稽古はこれで終了とします。本番も近いので、体調を崩すことのないよう気を付けてくださいね


そういうと
演出家はスタジオを後にした。


この日の稽古中


“遺族たち”がセリフをしゃべるチャンス
与えられた2回目の登場シーン”の稽古で


ヒノウエさんを筆頭に、
”僕以外のオーディション組のみんな”
どんどんセリフを差し込んでいき・・・


見事それぞれのセリフが
演出家から採用されることとなった。



結局、僕は・・・

そのチャンスすべてで
一言もセリフを発することが出来ず・・


それどころか


”何かセリフを話さなければ”


という意識が
どうしても頭から離れず・・


神谷椎太郎として
”そこに立つこと”


すら、全くできなかった。​


しかも・・


演出家は僕が
苦悩している様子が面白いのか


一度目が合った時には
ニヤニヤとこっちの方を見て笑っていた。


くぅ・・・


さすがに・・


さすがにこれは
精神的にクルものがあるぞ・・・


と、帰りの支度をしながら
この日の稽古を苦い記憶を思い返していると・・



ほなケント、飯でもいくか~


いつも通り
完全ヤンキーからのご飯の誘いだ。


カサハラ
「う~ん・・今日はちょっと神谷椎太郎の精度を上げていきたいので、ご飯は・・・」



完全ヤンキー
そんなの家に帰ってからでええやん~



カサハラ
「でも、もう本番まで少しですし・・少しでも一人で集中できる時間作りたくて・・」



完全ヤンキー
いやいや、一人で考え過ぎても、ラチあかへんで~



カサハラ
「いや、でも・・」



完全ヤンキー
まぁ、ええからええから~!ほな、いくで~!


カサハラ
「ちょ、ちょっと・・」


そういうと

完全ヤンキーは半ば強引に
僕を夜の新宿へと連れ出していった。
22 件
〈 3 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。