#お芝居 #オーディション #コラム #俳優 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

”2回目の登場シーン”だけ


遺族たちの登場するシーンは
劇中に合計4回あるけれど・・


セリフをしゃべれるチャンスがあるのは
作品の中盤に訪れる2回目の登場シーンだけ。



このシーンでは・・


容疑者8人の内の1人が
”誤った犯人”としてあぶり出され


”遺族たち”によって
密室の部屋から連れ出されるというシーン。


※連れ去られた後、どうなるかはご想像ください・・汗


”遺族たち”としては
被害者である大事な家族を

“あやめた犯人”
判明したと思いこみ・・・


狂喜乱舞の中
”誤った犯人”を室外へ

引き摺り出すという・・・


劇中の中でも
かなり”衝撃的な”シーン。



そのシーンの最中に・・

僕ら”遺族たち(オーディション組)”
自由にセリフを話す権利を与えられたのだ。


ちなみに・・


他の遺族たちの登場シーンでは

台本上、無理やり遺族たちの
セリフを追加で組み込んでしまうと・・


ストーリーの軸が
歪んでしまう恐れがあるため・・


『2回目の登場シーン』以外では
自由にセリフを話すことは許されなかった。

22 件
〈 2 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。