#オーディション #コラム #トランプ #マジック #俳優 #即興演技 #新潟 #新発田市 #舞台
SEARCH

悪知恵



僕のあとの4人の
「自己紹介」と「特技披露」が終わると・・


いよいよ


「演技審査」の突入である。




演出家
「ではこれから演技審査に入ります・・・」




ちなみに、僕の前の組は

「豪華客船が沈没した」という設定の・・

“即興演技”を求められていた。


僕はその様子を
オーディション会場わきの

“階段の中段”に腰を掛けて
じっと観察していたので



このあとの“演技審査”で
「何をやるか」を事前にチェックできていた。


そして、これは

時の運と言うか・・・
神様のイタズラというか・・


同じ組(76~80番)の
先頭であった僕は

前の組の「演技審査」の様子を
じっと観察することができたけれど・・


僕の後ろの4人は
ちょうどオーディション会場の様子が
階段から“死角”となっており


「演技審査」の全貌を
確認することができなかった。



という感じだったら
不公正の中にも正当性が存在するのだが・・


実際のところ
階段で並んでいるときに僕は


“悪知恵”が働き



「同じ組で、僕だけがオーディションの内容を知ることができれば
少しでも優位に立てるかもしれない・・」



「同じ組のメンバーの中で少しでも評価が高くなれば
審査を通過できる可能性はきっと広がるはずだ・・!」



「よし、後ろの人が死角になるこの位置で待機して、
僕だけがオーディションの様子を見えるようにすればOKだ!」




といった思惑で
階段の中段に腰を掛けて・・



「船が沈没する」というシチュエーションでの
“即興演技”を求められるということを僕だけこっそり確認していたのだ。



そうなれば、少しの時間でも
“船が沈没”するシチュエーションをイメージし、

対策を考えることもできる。



例えそれがわずかな時間だったとしても、
この「対策できる」と「できない」では


その優位性には、雲泥の差がある。


悪いヤツである。

でも、これは遊びではない。


人生を賭けた
勝負なのだから。



非道になることも
時には必要なことなのだ・・・

良いシミュレーションになっていたのだ




「よし、イメージを固めよう。

船が沈没するといえば・・
やはり想像しやすいのはタイタニックだな」



僕は昔見た
映画「タイタニック」の情景を思い出し

パニックに陥り我先にと
救助ボートに乗ろうとしたり

少しでも上へ上へと
甲板に急いで向かったりする


そんな慌てふためく乗客のイメージを
少しずつ鮮明に固めていった。




前の組でもそうだったが、
突然“即興演技”を求められた瞬間はみな


ポカンとした様子で
じっと硬直してしまっていた。





その瞬間こそ、
”勝負の分かれ目”である。




特技で披露した
トランプマジックもそうだ。



いかにうまく相手の目線を
誘導できるかが肝心である。



審査がスタートした瞬間に
すぐ演技に取り掛かることで


審査員全員の目線を
“こちらに向けさせる”ことができるのだ。





「同じグループの中で、少しでも評価が高くなれば
審査を通過できる可能性は高いはず・・」





そのためにも
少しでも“自分を見てくれる時間”を増やすこと
それがとても重要であるのだ。


全てのことに意味はある。


特に演技と関係性のなかった
トランプマジックも


“演技審査”を控えるこのタイミングで
良いシミュレーションになっていたのだ。
19 件
〈 2 / 4 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。