#お芝居 #オーディション #コラム #俳優 #役者 #新潟 #新発田市 #演技 #舞台
SEARCH

果たして見つかるのだろうか



では、前日の続きのシーンから場当たりを再開します!


舞台監督は、どこからどこまでのシーンを
一場当たりするかを予めみなに伝えて

そのシーンに関与しないキャストは
客席で見学と言う”前日と同じスタイル”

この日の場当たりもスタートした。


まずはAキャストがお芝居をし
その後、ステージ上に何か不具合がなかったかを確認し合い
続いて同じシーンをBキャストで敢行。


それを繰り返しながら
着々と”場当たり”は進んでゆく。


ステージ上のキャストはみな”確認作業”を最優先とし、
最低限の熱量を維持しながらもお芝居自体は少しセーブしている様子。


それも”前日同様”である。


しかし・・・

僕の場合は・・そうはいかない。


今日が最後のチャンス。


神谷椎太郎が完成するかは
この場当たりに全て懸かっているのだ



「(でも・・)」


僕の中でひとつの不安が沸き起こる。


「(”この状況”で果たして答えなんて見つかるのだろうか・・・?)」


22 件
〈 4 / 6 〉
カサハラケント
カサハラケント (笠原賢人) 1988年5月17日生まれ 新潟県新発田市(旧紫雲寺町)出身 2011年、大学を卒業後、 役者・絵描き・クリエイター活動を開始。 役者としては、 主に舞台(40本以上)やCM等で活動。 絵描き・クリエイターとしては、 個人や企業・行政から依頼多数。 横浜の商業施設でのグッズ販売に、 ZeppTokyoで開催されたファッションイベントでは 自身作成のロゴがメイン採用。 2019年には、 地元新発田市の図書館で個展も開催。 また、2018年からは 新発田市と共同でプロモーションムービーを制作。 2021年に高校生とともに企画・制作したCMは 「新潟ふるさとCM大賞」で準グランプリを獲得。 その他にも、 舞台やコントライブの脚本や、 人気バンドユニットの小道具制作など 幅広くクリエイター活動を展開。 将来の夢は、 「新発田で映画を撮る」こと。 そして、全国の人に 「新発田」を「しばた」と 読んでもらえるようになること。